2017年10月14日土曜日

毎年、肌寒くなると鍋開きをする。
鍋は身体も心も温まる。

同じように肌寒くなると、ジョニ・ミッチェル開きをするのが毎年恒例になっている。
夏は一切聞かない、秋から春にかけて再生回数が増えるのがジョニ"マイ"ミッチェル。

新千歳空港から札幌に向かう鉄道は紅葉真っ只中。
色弱だけど、真っ赤に染まる山々を眺めて「もう冬が始まるな」って思ったので、今日はジョニ・ミッチェル開きしました。
出先で音楽を選べる時代に感謝感謝だ。

2017年10月2日月曜日

新しい出来事が待ってる10月、今月は旅の連続だ。
だからこそ、寝よう。

2017年9月28日木曜日

引っ越し完了、市川を出る。
何年振りかに松戸へ帰る。
久々に大門通りを通ってから新居へと急ぐ。

この間に色んなことが変わった。
以前週に一度働いていた大門通りのボナールも先日、取り壊されてしまった。
更地になったら車1台しか止められない駐車場に変わってしまった。
遺骨を拾う時のように「小さくなっちゃったね」と声をかけたくなる。

ボナールでは週に一度店番をした、3年ほど続いた。
「ここで稼ぐ金額以上に音楽で稼ぎます」と言ってボナールを離れ、辞めて3ヶ月もしないクリスマスイブにマスターの佐藤さんは亡くなった。
埃とネズミが住みつく、頼りない電球の灯り、急に鳴り出す黒電話…変わり果てた姿を眺めていると、全部がマボロシだったんだとさえ思う。

時間とは儚いものだ。

////////////////////////////////////
////////////////////////////////////

寝静まった街 
誰かが呼んでる声がする
踏切を越えた小さな店
ドアの隙間から漏れる音

友達とも違う 
家族ともまた違う
話があれば盛り上がり
話がなければ黙って飲む

壁に掛かった小さな絵
それなりの物らしい
積った埃は歴史であり
多めに注がれるコップ酒

いつまでも続くような 
だけど朝はやって来る
みんな酔っ払ってしまったよ
ドアの隙間から射す朝日

陽が落ちて 重いドアあけて
陽が昇ったら また今夜

踏切の音は聞こえる
今も踏切の音は変わらない
いつか忘れてしまうのかな
ひどく酔った時のお代みたく

2017年9月24日日曜日

仮眠を取りに、スーパー銭湯に。
1時間待てば朝風呂コースになりますよ…とフロントで教えてもらう。
待合室で待機、本棚にあった「BOYS BE」を読む。
あんなに熱心に見ていた中学生時代、ひとつも物語を覚えていない。
かえって久々にキュンとなる。
当時のキュンとした気持ちを敢えて覚えなくていい、常にキュンは更新するものと認識。
ただ、キュンとすることを思い出す努力も必要である、むしろ。
朝5時、朝風呂コースで入館。

朝焼けを見ながらの露天風呂。
お湯に浸かり、疲れが出汁のように溶けて出ていく。
このスーパー銭湯、季節外れの鯉のぼりが10匹以上かかったままだ。
無風のお陰か、煮干しのように見える。

2017年9月20日水曜日

高松から市川へ帰ってくる。
遠征前日に買っておいたビールが冷蔵庫に冷えて待ち構えている。
注文しておいた本も届いているようだ。
ビールは飲む時間はあるけど、本を読む時間まで思うようには取れない。
いつ読もうか…と思いながら、読んでみたい本を注文する日々。
穏やかな人達に会うと、余裕のない忙しなさが浮かび上がる。

去年引っ越してきた今の家、もうそろそろ引越だ。
引っ越してきた時の荷物が解かれないまま新居へ行く事になる。
この部屋で残された時間に何ができるのだろう。
きっと頼んだ本は新たな生活を送る中で読むんだと思う。

寝る時は元気に生き抜けた一日に感謝し、朝起きたら希望ある一日になりますように願うだけ。
そうだ、今夜は寝よう、ただいま0時半。

2017年9月15日金曜日

【映画「スティールパンの惑星」について】
9月23日(土)~10月6日(金)にアップリンク渋谷にてスティールパンを題材にしたドキュメンタリー・ドラマ映画「スティールパンの惑星」が公開されます。
▼オフィシャルサイト
▼予告編

さてさて。
2週間の上映期間中、ライブ&トークショーが本編後に行われます。
お声掛け頂きまして9月25日(月)は私、出演することになりました。

今年は初めて本場トリニダード&トバゴに行き「PANORAMA」というスティールパンの大会で演奏したり、WAIWAI STEEL BANDが来年で結成10周年ということ、他にもエトセトラエトセトラ…と、この2017年という年はスティールパンという楽器や音楽、そしてこれからのことを考えるきっかけになった1年。

滅多にこういう機会はない、最初で最後かもしれない。
あんなに元気だったのにね、こういうのに限って長生きをする。
…高田渡さんのMCではないけど、折角与えられた機会なので、限られた時間の中で25日はトーク&ミニライブをします。
もちろん25日に限らず、ぜひ上映期間中にご都合が合いましたらお越し下さいね。
みんなでディスカバリー・スティールバンドミュージック!
▼Lord Kitchener “Steel Band Music”

~追伸~
前売りチケット、預かってます。
200円ほど安くなりますので、当映画に興味のある方はライブ会場などでお会いした時にでも気軽に声を掛けて下さいね。

~追伸の追伸~
上映時間は9月19日(火)の夕方頃に発表とのこと。
オフィシャルサイトをチェキラー。

~写真~
一枚目: 映画「スティールパンの惑星」のフライヤー
二枚目: 向かって左からWAIWAIの伊澤さん、selectorHEMOさん、音響技師の渡辺洋一さんと代々木公園にて。


2017年9月8日金曜日

虫の鳴き声が変わりましたね…とレッスンを受けにきている生徒さんが話題を出した。
まだ9月初旬だと言うのに、たしかに蝉の声が聞こえない。
と思ったけど、今日の朝、塀の上にノラ猫がいたのを思い出した。
身を低くして何かを狙っているようだ。
「あっ」と声を出す間もなく塀から地面へ飛びこみ、猫は蝉を捕まえる。
とても気持ちよく捕まえたので、横から拍手を送ると猫も満足げな顔。
満たされた心には隙がつきもの、ふところにいた蝉は逃げて行ってしまった。
バツの悪そうな顔をして、ノラ猫はトボトボと歩き去って行った。

そうだよ、満足してはいけない、気を張ろう。
話の辻褄が合わないけど「攻撃こそが最大の防御だ」と、こないだツアー先で車を運転してくれた地元のおじいちゃんの言葉を思い出す。