2017年6月5日月曜日

夕方車を走らせてヘッドライトを点けると、夜が始まる気がする。
まだ明るいけど、もう夜の始まり。

空は真っ青だ。
昨日から天気がよく、随分と肌が焼けてしまった。
みんなして顔が真っ黒だ。

いい大人達が平日の昼間からアイスクリームを食べながら歩いてる。
端から見たらどんな光景なんだろう。

山に浮かぶ雲が大きな影になってる。
とても綺麗だった。

今日も1日お疲れ様。
明日はもうすぐ始まるよ。

2017年5月31日水曜日

20代前半にお世話になってた職場がある。
仕事を辞める日に直属の上司が近所のトンカツ屋へ連れて行ってくれてことがある。
好きなものを食えと、だからトンカツを頼む訳でして。
注文が届くまでの間、しばし無言な時間を過ごし「渡辺、あのな」と。
「いいか、遊ぶなら本気で遊べ」

時々、その言葉を思い出す。
自分にとって一番の励ましの言葉だ。

2017年5月30日火曜日

電車内はクーラーが効いてる。
もう夏なんだな、みんな半袖だ。
5月もそろそろ終わる。
まだ終わらせんとばかり、電車が急停車。

そろそろ家の扇風機を出そう。
布団もそろそろ夏用に変えよう。
ニット類も洗濯しなければ。
あと、他にもやることあるよな。
ある気がする。

2017年5月28日日曜日

梅雨に入る前にしなきゃと思い、シュラフをやっと洗う。
トリニダードで使うと思い新調したシュラフ、有り難いことに一度も使うこと無くことを終えたのだが、段ボールで送った荷物が謎の液体でビショビショになって日本に帰ってきた。
あれから二ヶ月近く、やっと重い腰を上げた。

コインランドリーで乾燥機を回す、窓から見える青空が綺麗だった。
毎日がスピーディーで、毎日が夏休み最終日まで溜め込んだ宿題のように、その場その場を凌いでいる。
そんな風に毎日が過ぎて行っていいのか…とも思うけど、それでいいんだと思う。

久々に用も無くフラフラと自転車を乗ったり。
買っておいたBreadのレコードにやっと針を落としたり。
衣替えをしたり、掃除をしたり。
手羽元が安かったから、煮物にしておいたり。
こういう気持ちよい季節もあと少しで終わってしまう。
梅雨は嫌いだ、そうだ今年は色んなTシャツを買おう。
時間はちゃんと過ぎていく。

2017年5月8日月曜日

ゴールデンアワーを終えて。

今年のゴールデンアワーも無事に終わりました!
ご来場頂いたみなさん、TFMホールのみなさん、バンドスタッフのみなさん、ありがとうございました!
バンド編成も来場者もマシマシ増量、WAIWAI STEEL BANDらしくワイワイしてました◎

光をテーマにしたアルバム「Lamp」発売から1年近く経とうとしてます。
この1年の間にツアーやライブで100日近くWAIWAIと共に過ごしました。
それに加えてトリニダードに行ってたんだなぁ…とか思ったりすると、スティールパン人生を歩んでるんだなぁって思い返したり。

トリニダードの話になるけど、Starliftというバンドで演奏した時にアレンジャーのロバート・グリニッジという尊敬しているスティールパンプレーヤーが「音楽はエナジーだ」としきりに言っていた。
改めて今年のゴールデンアワーの音源を聞きかえしながら、WAIWAIはエナジーなバンドだと感じたり。
小編成の時も、大編成になっても、メンバー個々のエナジーが溢れている。
エナジーは生活からやってくるからこそ、生活を大切にするし、自分達の音楽を大切にできる。

来年でWAIWAI STEEL BANDは10周年。
結成から1年遅れての参加ではあるけど、この間に色んな出会いがありました。
まだまだ誰かと出会えそうな予感がします。
これからもこつこつWAIWAIの活動を続けて行きますので、温かく見守って頂けたら嬉しいです◎
これからも宜しくです!

2017年4月3日月曜日

TT日記 (帰国、それから)

トリニダードから帰国して3週間が過ぎた。
ジャイ庵さんと一緒にトリニダードから荷物を発送、その荷物も日本に届き、昨日ジャイ庵さんが住む大阪へと発送手続きを終わらせた。
そして、今日無事に届いたと連絡がきた。
実際は荷物は無事ではなかった。
トリニダードから日本に来る途中、発送した段ボールに謎の液体が掛かってしまったようで、びっしょり濡れた状態で我が家に届いた。
購入したクアトロ、レコード、書籍や衣服…全てがグッショリ。
帰国して時差ボケが治ってきたところでの出来事。
郵便局と手続きが続いたりする日々、そしてやっと一段落したのでジャイさんへ発送。
「まだまだ旅は終わっていないぞ」と言わんばかり。

 * * * * * * * * * * 

有り難いことに、帰国後すぐにライブやレコーディングをする時間を用意して頂いた。
練習の心得も、音楽の聞き方も一段と深まったように感じられる。
いつもの日常に戻ったような気がするけど、どこか今までと違うような気もする。
ただ今思うことは、とことんやってみるのはいいことだ。
トリニダード、そしてStarliftでの出来事や出会いを励みにこれからも頑張って行こう。
突き詰めよう、まだまだできることはいっぱい。
突き詰めて見える世界がある、経験から得たのだ、信じていい。
続けると本質に気付いたり、新たな出会いが必ず待っている、それも信じていい。
ただ次も同じことはあるわけない、だからこそ今やれることを続けるしかない。
これからも音楽をしよう…そう思える旅だった。

2017年3月10日金曜日

TT日記 3/8,9 (48,49日目)

浦さん、ミズキさんとお別れして、チェックインを済ませる。
スティールパンを預ける、心配だ。

出国審査を済ませ、搭乗ゲート前のソファーでくつろぐ。
後ろにいた女性が急に携帯を差し出す、あなたを撮ったわよと。
ジュベの時に同じチームの方だった。
カーニバルの話からの雑談、同じニューアーク空港行きの飛行機に乗り込む。
トリニダードを離れる前に、トリニダードの思い出がひとつ増える。
Toni、声かけてくれてありがとう。

搭乗する際に歩きながら、やっと家に帰れますね…とジャイさんに言うと、当分帰れないと。
そうだよね、帰国後そのまま東北方面へツアーだもの。
今はしっかり飛行機で休んでください。

ということで、ピアルコ空港を離陸する前から寝て、ニューアーク空港で起きる。
ニューアーク空港では5時間ほど待ち時間あり。
WiFiは30分のみしか使えない、搭乗ギリギリまで待とう。トラブルがあった時の為に使おう。

全てが時間通りに進んでて、ニューアーク空港から成田空港への便も順調に出発。
時計を日本時間に合わせる。
睡眠も日本時間に合わせて取る。

帰ったら何をしようか。
みんな元気かな、練習したいな。
もう一眠りしよう。
Ralph MacDonaldを聞きながら。

出会うと、必ずさよならが訪れる。
そんな時にどんな歌で別れを惜しもうか。
大貫妙子の歌が沁みる。

13時間のフライトを終えて、無事に成田へ。
ジャイさんと預け荷物を受け取る。
出口を出ると弟が迎えに来てる、ただいま。

旅の終わりは名残惜しい。
何度もジャイさんと握手を交わす、また会おう、日本でも一緒に演奏しよう…と。
同じ釜の飯を食べ、生活を共にし、語り合った仲だ。
弟に写真を撮ってもらう。
また会おう!

今日の一言:旅は終わった